ウーマン

税理士や弁護士が教える過払い金などのトラブル回避方法

行政書士の手続き

男性女性

行政書士とは行政書士とは行政書士法に基づく国家資格を有する人のことです。依頼を受けて官公署に提出する許認可等の申請書類の作成や提出の代理手続き、遺言書等の権利義務や事実証明、契約書の作成を行います。相続や起業、土木工事の認可など官公署に提出する書類は複雑で多様です。これらの書類作成や提出を正格に迅速につくることにより、国民の身近な生活上の権利や利益を守る仕事です。効率的な処理が確保されるという公共利益に資する仕事でもあります。就職、起業するには行政書士になるにはまず行政書士試験に合格することが必要です。もし国や地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間が通算して20年以上ある場合は免除されます。また、弁護士、弁理士、税理士などの資格を持っている場合も行政書士になる資格があります。けれども、資格のみでは行政書士として業務を行うことはできません。業務を行うためには、事務所を設けて行各県の行政書士会を通して日本行政書士会に東特する必要があります。具体的な仕事は行政書士が作成することのできる書類や扱える手続きはさまざまです。遺言書、相続人調査、遺留分減殺請求、遺言執行など相続に関することや自動車登録申請、車庫証明申請、レンタカー許可申請などの運輸関係、それに建設業許可申請や競争入札参加資格申請などの建設業関係と多岐にわたっています。また、法人や会社設立の際の手続きも代表的な業務のひとつです。他にもさまざまな業務がありますが、すべての業務を行う事務所もあれば、それぞれの得意分野に特化した事務所もみられます。行政書士とは行政書士は他人の依頼を受けて、行政庁に提出する書類を作成することが仕事です。ほかに権利義務や事実証明に関する書類も取り扱います。司法関係の書類は扱いません。また、あくまで書類を作成するだけで、訴訟などの代理人になることはできません。行政書士は改定の多い行政法のプロフェッショナルです。認可の下りにくい営業許可を求める場合や、煩雑な規定のある申請書を提出する場合には、行政書士に依頼すればスムーズに運ぶことが多いです。