ウーマン

税理士や弁護士が教える過払い金などのトラブル回避方法

弁護士とは

相談

弁護士・行政書士・税理士など、士のつく職業は数多くありますが、仕事内容は少しずつ異なります。弁護士の仕事は訴訟が中心になります。他の仕事と大きく異なる点は、審判・調停・訴訟などの法的手続きにおいて、当事者や関係者の代理人になれることです。たとえば遺産について相続人同士がもめたとき、間に立って仲裁や和解をすることができます。他の職業でも、単なる法律相談なら可能ですが、代理人として交渉することは違法になります。税理士とは税理士は納税者を代理して、確定申告書や青色申告書を作成します。この補助として、財務書類や会計帳簿の記帳等も行なえます。また税務調査に立ち会ったり、税務署の決定に対して不服を申し立てたりします。最近ではe-taxの代理業務なども行なっています。他の士業との接点はあまりありませんが、たとえば税金に関する訴訟においては、弁護士とともに出廷して陳述することもあります。なお弁護士や税理士の資格があれば、行政書士になることができます。弁護士について行政書士、弁護士、税理士、それぞれの違いを明確に答えなさい、と問われて難なくできるかたはなかなかいません。素人目線から見れば、どれも似たようなことをしているのかなというイメージ程度ですが、職業として分けられている以上明確な違いがあります。この中で比較的メジャーなのが、弁護士です。弁護士については一般的に依頼を受けて、法律事務を処理する職業のことを言います。ここで一点抑えておきたいのが、行政書士や税理士も、法律を介する場合があるということです。よって、弁護士はそのすべてをまかなう言わばエキスパートである必要があり、その点も三大国家資格といわれるゆえんとなっています。行政書士とは行政書士とは、その名の通り行政、いわゆる、省庁や都道府県、市町村に提出する書類及び、提出の手続きなどの相談に応じる職業とされています。それらを処理する際には行政書士法という法律に基づいて行われるため、その点が弁護士などと混同される要因とひとつと言われています。先も述べたように、弁護士は法のエキスパートですから同様に、行政の相談を請け負うことも可能です、ただ、かれらの普段の仕事は請負人に変わって交渉を進めることなので、その点に大きな違いがあります。