男性

税理士や弁護士が教える過払い金などのトラブル回避方法

税金のトラブルには

男性

税理士とは、名前からも分かるとおり、税についての相談に応じ、処理する立場にある職業と言えます。普段、法律に関わることはあまりなくても、税金とは東京や埼玉などの国民の大半が常日頃関わっているわけなので、そういう意味では庶民にとって比較的、身近に存在であると言えます。特に私たち一般市民は、税金の仕組みや決まりについて思っているよりも無知で、何かとトラブルになったり、損をしているようなケースもあるようで、そんなときはためらわずに一度税理士さんに相談してみるのも良いでしょう。行政書士とは行政書士とは行政書士試験に合格し、日本行政書士会連合会に登録されている者をいいます。主に、官公庁に提出する書類の作成や、官公庁における手続の代行、権利や事実を証明する書類の作成、それらに関する相談を行うエキスパートです。たとえば、金銭の貸借があり債務者が期日に債務の履行を行わないなどの場合に、債権者の依頼を受けた行政書士が債務履行の催告書などを作成し、内容証明郵便などで債務者に通知したりしてくれます。弁護士とは弁護士になるには、法科大学院課程を修了した上で司法試験に合格し、司法修習を修了しなければなりません。依頼を受けて法律に関する相談業務を行い、民事訴訟や刑事訴訟において訴訟代理人として業務を行うのが主な業務です。また最近では、高利の貸金業者に対する過払い請求などの相談を行なったりもしています。あくまでも、弁護士は過払い金を例した場合は依頼者の人的及び物的利益を守ることが業務です。また犯罪者の弁護の依頼を受けた場合は、無罪を主張したり、量刑の緩和を目的として業務を行います。税理士とは税理士とは、税に関する専門知識を有する資格者で、税理士試験に合格し、日本税理士会連合会に登録された者をいいます。主な業務としては、個人または法人の税に関する相談、確定申告書や決算報告書の作成、経理帳簿のチェックなどがあります。相続税や贈与税の相談を受けてくれるなど、市民に身近な税の専門家としても活躍されています。また、税理士資格を有しない者は税に関する相談を受けることはできません。税理士法によって税理士の業務は守られています。

弁護士とは

相談

法律に関する相談が行なえる事務所は沢山あるので、トラブルに見舞われたという場合に相談をしておくことが必要になります。また、沢山の事務所が対応をしているので、それぞれの評判を踏まえて絞り込むこと大切です。

行政書士の手続き

男性女性

行政書士は国家資格を持っているので、難関である分だけ細やかなサポートを期待することが出来ます。また、このような事務所は沢山あるので、それぞれの評判を参考にしながら選ぶことが必要です。

身近な問題に強い

紳士

法律の絡む問題が発生した場合、誰に相談をすれば良いのか露頭に迷うことがあります。そのような時は弁護士が一番でしょう。法律に関しても強いですし、東京の弁護士は相続問題に大変強いです。